忍者ブログ

リレーss置き場

共同ssをかくブログです。

Aqoursのローカル路線バス乗り継ぎの旅 Guilty_Kiss編 Part3

PM 1:24 押切バス停

梨子「はぁ…本当に疲れた…というか、こんなことするくらいなら歩いたほうがましだったかも…」

鞠莉「ノンノン♪今日は暑いデース。歩きでもしたらあなたのそのwhiteな肌が焼けちゃうわよ♪」

善子「ホントに…それで、次は何時のバスに乗るの?」

梨子「13:39よ、ベストな接続で助かった…」

鞠莉「イエーイ!とってもノリノリねー」
PR

Aqoursのローカル路線バス乗り継ぎの旅 Guilty Kiss編 Part2

Aqoursのローカル路線バス乗り継ぎの旅 Guilty Kiss編 Part2

バス車内


梨子「ううん……」

梨子(なんだろ……なんだか顔の辺りがくすぐったいような……)

鞠莉「あら、起きちゃった?」

梨子「鞠莉さん……?」

鞠莉「ぐっすり寝ちゃってて可愛かったわよ♪」

梨子「そういう鞠莉さんの方が先に寝たんじゃない……」

梨子(にしてもこの違和感……はっ、もしや!?)

梨子「鞠莉さん!」

鞠莉「な、なに!?急にシャウトしたらビックリしちゃうわ」

梨子「まさか、私の顔に落書きしてないよね……?」

鞠莉「ら、落書き?い、いやー、どうかしら、ネ」ソワソワ

梨子「あからさまに怪しい……まさか本当に!?」

善子「忘れたのかしらリリー?」

梨子「よ、善子ちゃんまで?」


Aqoursのローカル路線バス乗り継ぎの旅 Guilty Kiss編 Part1

まりんです。一時期長いこと放置してましたが、いい加減にこの企画をかたづけたほうがいいとおもいまして、これからはどんどん更新していこうかと思います。

それでは、Aqoursのローカル路線バスの旅 3部のラストを飾るGuilty Kiss編です。


@ホテルオハラ 長岡温泉


梨子「まさかこんな形で遠出することになるとは…」

善子「ホントに何なのよもう!唐突すぎるじゃない」

鞠莉「まぁまぁ、これもギルティキスのきずなを深める一つの計画なのデース」

梨子「そうは言われても…」

善子「まぁ、移動は本当にバスと歩きだけなんて、そんな悪魔の試練みたいなことで本当にそんなことできるの?」

鞠莉「Don`t worry!今回はとても強い味方がいるでしょ?」

梨子「強い味方…?」

Aqoursのローカル路線バス乗り継ぎの旅 AZALEA編 Part6(最終)

PM 2:00 浜松バスターミナル

果南「浜松に着いたけど、なんかすごい大きなバス乗り場だね」

ダイヤ「正直これだけあると迷ってしまいますわ…」

花丸「すごいずら!未来ずらぁ~!」

果南「相変わらずだね二人とも…。とりあえず先のことが全然わからないから聞かないと…」

ダイヤ「そうですわねぇ、まずは浜名湖のほうに行くのを調べないとですわ」

Aqoursのローカル路線バス乗り継ぎの旅 AZALEA編 Part5

Aqoursのローカル路線バス乗り継ぎの旅 AZALEA編 Part5


果南(事実は小説より奇なりという)

果南(そうは言っても、不思議な出来事なんてそうそうは起こらないわけで……)

果南(きっかけは何だったのかな)

果南(途中からおんぶしてあげたとはいえ、随分長い距離を歩いたこと?)

果南(それとも、ただでさえ疲れているところに朝練で無理をさせてしまったこと?)

果南(いやでもあれは私が無理にやらせたわけじゃないんだけどな……)

果南(あるいは、私が折角取ったメモを忘れてしまったことで不安が爆発して?)

果南(分からない)

果南(でも、考えても分からないことなら、無理に分かろうとせずにありのままの現実を受け入れるしかないのかも知れない)


        
  • 1
  • 2
  • 3